WebAborn(ウェブあぼ~ん)

更新 2013-10-15

webaborn適用画面

WebAborn(ウェブあぼ~ん)を使うと、Webブラウザで いやな文字列を見る事態を、かなり減らすことができます。

作成フォーム

  1. NGワードを 1行に 1語づつ入力してください。
  2. 入力し終わったら、[WebAbornダウンロード] ボタンを押してください。


User JavaScript種類:


使い方

たとえば落語の「まんじゅう こわい」にならって、「まんじゅう」という文字列が怖いと仮定します。
「できれば『まんじゅう』『饅頭』ということばは見たくもない!」という人が WebAbornを使う方法を説明します。

簡単にいうと以下の2つを実行します。

  1. ファイル WebAborn.user.js というのをダウンロードする。
  2. そのファイルをWebブラウザに読み込ませる。

1. ダウンロード WebAborn.user.js

  1. 作成フォームに まんじゅう 饅頭 と入力する。NGワードは 1行ごとに 1つ入力してください

    webaborn input text

  2. “置き換え文字列”は、最初は「あぼ~ん」となっていますが、変更可能です。たとえば「【消】」などに変えることもできますし、カラにすれば何も表示しなくなります。
    webaborn適用画面

  3. “User JavaScript種類”は、Firefox/GoogleChromeで使うなら「タイプ1」または「タイプ1 単語単位置き換え」を選びます。Opera ver12以下で使うときだけタイプ2を選びます。「単語単位置き換え」とはNGワードのまわりの文章を消さず、NGワードだけを置き換えます。webaborn適用画面

  4. [WebAborn ダウンロード]ボタンを押すと、WebAbornファイルをダウンロードできます。

    webaborn download

2. Webブラウザに読み込ませる

以下のブラウザのどれでも動作します。使い方はブラウザごとに異なります。

20120616165446Google Chrome
20120616165447Firefox
20120616163658Opera
20120616163657Safari

WebAbornは、User JavaScript(ユーザー ジャバスクリプト、またの名を Greasemonkeyスクリプト)として作られています。

注意点

  • NGワードを新たに追加したい場合、WebAbornファイルを作り直して、上記のインストール作業を再度実行します。
    このとき、すでにインストール済みの WebAbornをアンインストールしなくてもよいです。

    WebAbornを再インストールすると、以前に設定した NGワードは消えてしまいます。 以前のNGワードも残したいなら、NGワード入力するとき、まえに登録した語句も再登録してください

  • WebAbornファイルからNGワードを取り戻す方法は現在準備されていないので、変換前のNGワードをテキストファイルに記録しておくことをおススメします。

  • そのほかの注意点‥‥

ニュース

2013-10-15

バージョン19になりました。AタグのURLを置き換え対象に追加(タイプ1のみ)。単語単位置き換えのとき最適化を抑制。

2013-06-17

バージョン18になりました。単語単位で置き換え可能になりました。動作速度が少しアップ。

2013-05-20

レビュー記事 誠 Biz.ID:3分LifeHacking:Webページ上で特定の単語を見えなくする「WebAborn(ウェブあぼ~ん)」を活用する が掲載されました。

‥‥

2013-01-11

バージョン16になりました。デスクトップ版WebAbornを追加。オープンソース化してgithubで公開しました。


以前の変更履歴